扇子について

扇子の製造工程

扇骨製作

1胴切り(どうきり) 竹の節を除いて扇子の長さに切ります。
2割り竹(わりたけ) 鉈(なた)で縦に扇の幅に薄く割ります。
3せん引き 割竹を必要な厚さまで薄く削(へ)ぎます。
4目もみ 薄く割揃えられた扇骨に、要(かなめ)を通す穴をあけます。
5あてつけ 要の穴に長い串を通して、何千枚もまとめ、板のようにします。その扇骨の側面をノミと包丁で削り、それぞれの扇骨の形に仕上げていきます。
6白干し 天日に干して乾燥させます。
7磨き 乾燥させた扇骨に磨きをかけ、滑らかにします。
8塗り・染め 磨き上げられた扇骨に色を付けます。「染め」は扇骨を釜で茹でて、そこに染料を入れます。「塗り」はハケを使い、扇骨に色を塗っていきます。
9末削き(すえすき) 仲骨の地紙に差し込む部分を細く、薄く削ります。
10(かなめ)打ち 要打ち親骨に仲骨を挟み、目もみであけられた穴に要を差し込み、とめます。昔はクジラのヒゲを要に用いていましたが、今は金属もしくは樹脂が使われています。

地紙製作

1合わせ 芯紙(しんがみ)といわれる極めて薄い和紙を中心にして両側に皮紙と呼ばれる和紙を貼り合わせます。後の工程で芯紙が二つに分かれその隙間に扇骨が入ります。また、扇子に用いる紙は地紙と呼びます。
2乾燥 地紙が波打たないように乾燥させます。
3裁断 地紙を何枚かにまとめ、扇子の大きさに合わせた扇形に裁断します。

絵付け加工

1色引き 刷毛(はけ)で地紙に色をつけます。
2箔押し 糊を引いた上に、一枚ずつ金や銀の箔を貼っていきます。
3上絵 上絵手描き、型刷り、木版、印刷などにより、加飾します。

折加工

1折加工 折加工分厚い折りぐせのついた2枚の型紙で、適当な湿り気を与えた地紙をはさみ、手早く均一に折りたたみ、折り目をつけます。
2中差し 仲骨を差し込むための空間を、差し竹という細い竹を使いあけます。
3万切り(まんぎり) 折ぐせのついた地紙を折りたたんだまま、万切包丁で天地共に揃えて切ります。

仕上げ(ツケ)加工

1地吹き 中差しであけられた穴に息を吹き込み、仲骨を差し込む為の穴を広げます。
2中附け(なかつけ) 中附け仲骨を切りそろえ、糊を塗り、地紙の穴へ差し込んでいきます。糊が乾燥しないうちに、仲骨が真ん中にくるように位置を決めます。骨の数が多くなるほど穴は小さくなるので、熟練を要します。
3こなし 糊によってふくらんだ地紙をたたんだ状態で側面から拍子木でたたきます。
4万力掛け 厚手の地紙の扇子は、板で地紙部分をはさみ、重しをかけます。
5矯め(ため) 親骨を火であたため、上の部分がしっかりと閉じるように内側に曲げます。
6先つみ 曲げた親骨の先端の余分な部分を刃で切り落とします。
7親あて 親骨に糊をつけて地紙と接着し、シメ(セメ)と呼ばれる帯で固定し完成です。