よくあるご質問

扇子について

竹の長いもの短いものの違いは何ですか?
扇子の特徴として、骨(竹)の露出が長く、扇面の部分が短いものを「短地(たんち)」。骨(竹)の露出が短く、扇面の部分が長いものを「地長(じなが)」と呼びます。全体として同じ長さになりますので、お好みでお選びください。

扇子の部位名称

「扇子について」に戻る